胡蝶会の理念

診察風景

 私(現院長)は内科専門医として大病院に勤務しその中でも取り分け腎臓病や糖尿病を専門的に関わった後、思うところあり平成10年に在宅医療を主体とする診療所を小牧の地で開設しました。当時は在宅医療という言葉に馴染みがなくまた介護保険もありませんでした。あまり宣伝もせずまた自分のやり方、考え方に同調していただいた方を中心に診させていただいたこともあり、当初なかなか軌道にも乗らず採算面では苦労しましたが、最初から焦らずしっかりと構想し自身の方向性を確定しさらに職員教育を充実させ、結果その後は比較的安定した運営ができたため今思うと焦らずに良かったと判断しております。今まで在宅医療で関わらせていただいた方はこの20年あまりで1800名を超えうち施設ではなく純粋にその方のお家で対応した方は85%を超えます。すでに亡くなられたことが確認できるだけでも1000名を超えその中でお家で最期までお付き合いさせて頂いた方は750名にもなります。数としては多そうに思えるかもしれませんが実際は新規に受けた在宅患者は月平均6〜7名程度でありこのくらいなら一人一人十分に把握可能です。私は自分の把握できない以上のことそして自分の能力を上回る仕事量は基本しない考えですので当方の方針に合わない方や要求度が超えてしまう場合は引き受けることもしなければ途中変更があった場合当方から辞退することもしてきました。外来診療に関しても同様の方針でおこなっています。一人一人を把握することに力を入れているため当然ながら大勢を見ることはできません。必然的に会話が大切となるため人数が限られ予約制としております。もちろんマッサージ器や電気機器など入れ集客しようと考えたこともありません。在宅診療を行う都合上午前のみで土曜日は月二回しか診療しておらずしかも待合室には8席しかありません。テレビ、新聞もなければ娯楽要素の強い雑誌も置いてありません。駐車場も真ん前にはなく不便だとは思いますが現在200名を超える固定した方々がみえることを考えますと何かいいところを感じ取って下さり来院してくださっているのではと勝手に思っています。

 尚、令和元年7月より方向性が変わりました。といっても今までの大切なところは残すと同時に強化し、また新たなことも導入していくこととなります。詳細は別のところをお読みください

在宅診療

 今までほとんどの方は人生の最終場面において正直言って人任せの時代でしたが今後ますます自己決定をする時代に確実になります。とてもいいことだと思いますがその分将来の自分の生き様(逝き様)を自身で決めなくてはなりません。おそらくは自分史をノートに記したり、皆で考える“人生会議”なるものも行われることでしょう。私自身それを公的に推進していく立場にもあります。ただすべての人が果たしてうまくいくでしょうか。予想するに少なからず戸惑ってしまう方々も結構いることと思います。前記を行うことはとても大事ですがそれを超越し大きく支えてもらう存在が必ずいります。長年大勢の方の生き様(逝き様)を診療しながらも経験し加えてそれなりの知識も蓄積させて頂きました。力足らずであるも少しでもここを支えることのできる存在になることが方針というより夢でもありさらに極めていきたいと考えてもおります。

外来診療

 先に記した今まで通り内科を中心に診療してまいりますがかねてから予防医療にも力を入れていきたいと思っておりました。古来からのインド医学(アーユルヴェーダ―)はとても参考になるところがあり希望者にはアドバイスしていきます。また高濃度ビタミンC点滴療法は今まではがん疾患に限っていましたがその他の方にも広げていきます。これは自費にはなりますがその他の疾患や予防医療に大切と思われ、またそれ以外の療法も取り入れていきます。興味のある方は別記参照してください。